Youtubeなどの動画をAVI、MPEGに変換し保存するソフト「Vdownloader」

2007.02.28 ( Wed )
Vdownloader

VdownloaderはYoutube、Google Video、DailyMotion、Grinviの動画をAVI/MPEGに変換して保存するソフトです。
ダウンロードはコチラから

使い方はURLを入れてダウンロードを押すだけです。
デフォルトは英語ですが日本語化パッチがあります。
ただ英語のままでもそんな困らないかと…


プロキシリストの取得、検査を行うソフト「CCB」

2007.02.27 ( Tue )
CCB

CCBCyberSyndromeなどからプロキシ(プロクシ?)リストを採集し、任意のターゲットURLに検査アクセス&応答時間を計測するツールです。また、クライアントが送信した環境変数(HTTPリクエストヘッダ)を返してくれるCGI(診断くんなど)にアクセスして、Proxyからの情報漏洩を診断することもできます。
ダウンロードは作者のサイトから

CBBの使い方
① 採取先から採取したいProxyの種類を選択する。何でもよければ「全てのサーバーから採取」で良いかと

② 「Proxyリストを採取」のアイコン(一番左)をクリックでとりあえず串の一覧を採取できます。

③ 「ターゲットに検査アクセス」のアイコン(電球のアイコン)をクリックすると、クライアントが送信した環境変数を返してくれるCGI(デフォルトは診断くん)にアクセスして、Proxyの情報(応答時間など)を診断してくれます。

④ 検査が終わったら、接続できるものだけ残して「リストを各種形式で保存」をクリックすれば
「アドレス:ポート番号」という形式のテキストファイルで保存できます。

このようなツールは結構あるので自分の使いやすいものを使うと良いかと

簡単にポート開放、閉鎖が出来るツール「UPnPCJ」

2007.02.26 ( Mon )
UPnPCJ
UPnPCJはボタン一つでポートの開放、閉鎖を行うことが出来るツールです。
P2Pなどのソフトを使う場合にはポート開放を行わなくてはなりませんが、UPnPCJを使用すると簡単にポート開放を行うことが出来ます。

ダウンロードは以下ページから
サイト : UPnPCJ

UPnPCJの使用方法
  1. ダウンロードした「UPnPCJ122.exe」を実行して「UPnPCJ.exe」をインストールする
  2. ウイルス対策ソフト等のファイアウォールを使用している場合は「UPnPCJ.exe」(パスはC:\Program Files\UPnPCJ\UPnPCJ.exe)の15500ポート待ち受け(UDP)を許可する
  3. デスクトップにできた「UPnPCJ (ウィザード)」を実行し、ウィザードに従って設定を行う
以上です。

手動で設定する場合はデスクトップにできた「UPnPCJ (手動開放)」を実行し、[⑨ルーター情報]をクリック。
ルーター情報が「【成 否】成功」となっていれば使えるので、[①WAN_PORT]に開きたいポート番号を入れて、[⑩ポート開放]を押せばポートが開きます。

デフォルトだとデスクトップにショートカットが出来ますが邪魔な場合は[⑦ショートカット作成]のチェックをはずせばOK

その他、詳しい情報は上記のダウンロードページを参考に

UPnPCJはUPnPに対応しているルーターでないと使用できませんが、最近のルーターであればほとんど対応しているので、普通に使用することが出来ると思います。

ブログ内検索
RSS
Google +1 ボタン
リンク
人気記事ランキング
ブログパーツ
アクセスランキング
ブログパーツ
カウンター

カレンダー
«01 | 2007/02 | 03»
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728---
テスト
track word track feed この日記のはてなブックマーク数