USBメモリで秀丸エディタ等の持ち運びを可能にするソフト「Schwertkreuz」

2007.06.10 ( Sun )
Schwertkreuz

Schwertkreuzはレジストリを使うソフトをUSBメモリで持ち運べるようにするソフトです。
ダウンロードは以下から
Schwertkreuz

秀丸エディタなど、レジストリを使用するソフトは通常USBメモリで持ち運ぶことは出来ませんが(出来るソフトもありますが、使用したパソコンに設定を残してしまう)、Schwertkreuzを使うとUSBメモリ等で持ち運び使用することが可能になります。

使い方は付属のTXTファイルに書いてありますが、簡単に説明します。

1. ダウンロードしたSchwertkreuzを解凍してUSBメモリにコピーする。

2. 持ち運びたいアプリケーションをフォルダごとUSBメモリにコピーする。
例えば、秀丸エディタを持ち運びたい場合は秀丸エディタの実行ファイルのあるフォルダ(デフォルトで"C:\Program Files\Hidemaru")ごとUSBメモリにコピーする。

3. Schwertkreuzを起動し、USBメモリにコピーしたアプリケーションの実行ファイル(秀丸エディタならHidemaru.exe)をドラッグ&ドロップしアプリケーションを登録する。

4. アプリケーションが登録されるとSchwertkreuzのウインドウ内にアプリケーションのアイコンが表示されるので、それをダブルクリックすると登録したアプリケーションが実行されます。

初回起動時は、「仮想レジストリの読み込みに失敗しました」というダイアログが表示されますので、「はい」を押して学習モードを有効にして起動し、起動が終了したらいったん終了させてればOKです。

自分は秀丸エディタしか登録していませんが、普段使い慣れているエディタを持ち運べるのでかなり便利です。
ちょっとした問題点は、現在使っている秀丸エディタの設定が引き継げないので、1から設定しなおす必要があることと、ツールバーのデザインをUSBメモリのファイルから読み込んでいる場合、USBメモリのドライブ名が変わるとデフォルトデザインに戻ってしまうので、パソコンに合わせて再設定する必要があることです。


関連記事
秀丸エディタをPortable(ポータブル)で使用可能にする方法


スポンサードリンク


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












※ スパムコメント対策のため、現在「http」が含まれているコメントを拒否しています。
URLを書く場合は、"h"を抜いて書くなどして下さい。

申し訳ありませんが、いろいろ忙しくなってしまったので、
今後、質問などのコメントに対しての返信はほとんど出来ないと思います。
不明点が場合はGoogle等を利用して自力で解決して頂くか、諦めてください (´・ω・`)

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ub.blog85.fc2.com/tb.php/172-ebbc0e37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索
RSS
Google +1 ボタン
リンク
人気記事ランキング
ブログパーツ
アクセスランキング
ブログパーツ
カウンター

カレンダー
«09 | 2017/10 | 11»
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----
テスト
track word track feed この日記のはてなブックマーク数