データベースを元にファイルを高速に検索できるソフト「Locate32」

2007.12.18 ( Tue )
Locate
Locate32はデータベースを用いてにコンピュータ内のファイルを高速に検索できるソフトです。
LinuxのlocateのWindows版みたいなものです。

ダウンロードは以下から
Locate32 Web Site - Home

デフォルトは英語ですが、日本語化したい方は以下から
Locate32 Web Site - Japapanese translations

上記リンクの「here」というところから、日本語化ファイルを公開しているサイトへアクセスできます。

Locate32使い方

インストール後、「Updtdb32.exe」を実行して、データベースを作成(更新)します。
その後、「Locate32.exe」を実行してファイルを検索すればOKです。
データベースを作成(更新)は「Locate32.exe」を起動させ、「File」→「Update Databases」(日本語化した場合は「ファイル」→「データベースの更新」)もしくは、[F9]を押して行うことが出来ます。

Locate32が起動していれば(アイコンがタスクトレイにあるとき)、フォルダ内で[F3]キーを押すと、そのフォルダ内のファイルをLocate32で検索することができるようになります。
Locate32の検索は、ファイル名、拡張子で検索などの他に、ファイルサイズや更新日時でも検索することが可能です。
また、検索結果の表示や検索条件などはカスタマイズすることができます。

Locate32を使った検索は、条件によって多少かわりますが、ほとんどの場合1秒もかからずに終わるので、検索をよく使う人にはお勧めです。
注意として、Updtdb32を使用してデータベースを作成(更新)した後に作成やダウンロードしたファイルやフォルダは検索の対象にならないので、新たに作成したファイルを検索対象にする場合にはデータベースを更新しておく必要があります。

データベースの作成(更新)は初回実行時は少し時間がかかりますが(ハードディスクの容量によって異なる)、2回目以降は差分の更新ですのでそれほど時間はかかりません。


スポンサードリンク


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












※ スパムコメント対策のため、現在「http」が含まれているコメントを拒否しています。
URLを書く場合は、"h"を抜いて書くなどして下さい。

申し訳ありませんが、いろいろ忙しくなってしまったので、
今後、質問などのコメントに対しての返信はほとんど出来ないと思います。
不明点が場合はGoogle等を利用して自力で解決して頂くか、諦めてください (´・ω・`)

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ub.blog85.fc2.com/tb.php/231-f2e94e2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索
RSS
Google +1 ボタン
リンク
人気記事ランキング
ブログパーツ
アクセスランキング
ブログパーツ
カウンター

カレンダー
«07 | 2017/08 | 09»
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
テスト
track word track feed この日記のはてなブックマーク数