コマンドプロンプトのフォントや文字色などを変更する方法

2007.12.27 ( Thu )
コマンドプロンプト
使わない人は、全く使わないであろうコマンドプロンプトですが、今回はコマンドプロンプトのフォントや文字色、ウインドウの大きさ等を変更する方法の紹介です。

変更方法

とりあえずコマンドプロンプトを開きます。
コマンドプロンプトは[スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリー]→[コマンドプロンプト]か、
[スタート]→[ファイル名を指定して実行]で「cmd」と入力すれば実行できます。

コマンドプロンプト
コマンドプロンプトが開いたら、ウインドウのタイトルバーを右クリックし、プロパティを選択すると、各種設定を変更することが出来ます。

以下、設定の詳細

オプションのタブ
コマンドプロンプト
とりあえずデフォルトのままで良いかと思います。
同じコマンドを頻繁に使う場合は、コマンドの履歴のバッファサイズやバッファ数を増やすと良いかもしれません。

フォントのタブ
コマンドプロンプト
フォントの大きさや種類を変更することが出来ます。
フォントの種類は、デフォルトだと「MS ゴシック」と「ラスタ フォント」しかありませんが、レジストリに変更を加えることによってフォントを追加することが可能です(後述)。

レイアウトのタブ
コマンドプロンプト
画面バッファやウインドウのサイズを変更することが可能です。
気にならなければ、デフォルトのままで問題ありません。

画面の色のタブ
コマンドプロンプト
画面の文字や背景の色を変更することが可能です。
デフォルトだと、画面の文字の色は薄い灰色になっていますが、見にくいと感じる方は白や他の色に変更すると良いかと思います。

フォントを追加する方法 (※ レジストリをいじるので注意が必要です。)

1. [スタート]→[ファイル名を指定して実行]で「regedit」と入力しレジストリエディタを開く。

2. [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT
\CurrentVersion\Console\TrueTypeFont
]
を開き、右側のウインドウで[右クリック]→[新規]→[文字列値]で名前を「932.」とする。
※ 932の後に"."(ドット)が付くので忘れずに
コマンドプロンプト

3. 作成した「932.」をダブルクリックし、追加したいフォントの名前を「値のデータ」の欄に入力する。
コマンドプロンプト

表示用フォント ノーマルフォント
※ なお、追加するフォントは、上記のようなアイコンのTrue Typeフォントなら大丈夫だと思います (全て試したわけではないので、フォントによっては不具合が出るかも…)
それと、個人的には、バックスラッシュが「¥」ではなく「 \ 」で表示されるフォントのほうが良いと思います。

4. PCを再起動する。

以上です。

コマンドプロンプト
再起動後、コマンドプロンプトのフォント設定のところを見ると、追加したフォントが増えています。
なお、複数追加したい場合は、手順2の文字列値の名前を「932..」、「932...」と932の後に付く"."(ドット)の数を増やして作成し、追加したいフォント名を入力すればOKです。


関連記事
シャットダウンやログオフ等のショートカットの作成方法
Windows XPで自動ログイン(ログオン)する方法
レジストリエディタ起動時に、すべてのキーを閉じた状態にする方法


スポンサードリンク


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












※ スパムコメント対策のため、現在「http」が含まれているコメントを拒否しています。
URLを書く場合は、"h"を抜いて書くなどして下さい。

申し訳ありませんが、いろいろ忙しくなってしまったので、
今後、質問などのコメントに対しての返信はほとんど出来ないと思います。
不明点が場合はGoogle等を利用して自力で解決して頂くか、諦めてください (´・ω・`)

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ub.blog85.fc2.com/tb.php/235-9926597e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索
RSS
Google +1 ボタン
リンク
人気記事ランキング
ブログパーツ
アクセスランキング
ブログパーツ
カウンター

カレンダー
«04 | 2017/05 | 06»
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---
テスト
track word track feed この日記のはてなブックマーク数