Internet Explorer(IE)のタイムアウト値を変更する方法

2008.03.14 ( Fri )
Internet Explorerの接続のタイムアウトやKeep-Aliveタイムアウト値を変更する方法の紹介です。
IE7ではIE6に比べてタイムアウトの値が短くなっているらしいので、IE7でよく「接続がタイムアウトになりました」というエラーがでる人や、海外のサイトをよく利用していて、接続が途中で止まってしまう人は参考に
※ レジストリをいじるので注意が必要です

Internet Explorerのタイムアウトの時間を変える方法

regedit
[スタート]→[ファイル名を指定して実行]で「regedit」と入力し[OK]を押してレジストリエディタを起動する。

IEのタイムアウト変更
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings
を開き、右クリックで[新規]→[DWORD値]を選んで、名前を「ReceiveTimeout」とする。

IEのタイムアウト変更
作成した「ReceiveTimeout」をダブルクリックし、表記を10進のほうにチェックを入れ、値のデータに設定したい時間をミリ秒単位で入力する。
「1秒=1000ミリ秒」なので、例えばタイムアウトの時間を10分にしたい場合は、
10分=600秒=600000ミリ秒
なので、600000と入力してください。

その後、Windowsを再起動すれば、設定したタイムアウトの時間が有効になります。


Internet ExplorerのデフォルトのKeep-Aliveタイムアウト値を変更する方法

Keep-Aliveに関しては、説明すると長くなるので検索してください。
KeepAlive値はブラウザで時間を長く設定していても、Webサーバーでタイムアウトが短く設定されていると、そちらが優先されるので設定変更せずデフォルトのままで良いかと思いますが、変えたい人は参考に

設定方法は、Internet Explorerのタイムアウトの時間を変える方法とほとんど一緒です。
レジストリエディタを起動させ
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings
を開き、新規DWORD値を作成して名前を「KeepAliveTimeout」とする。

作成した「KeepAliveTimeout」をダブルクリックし、表記を10進のほうにチェックを入れ、値のデータに設定したい時間をミリ秒単位で入力すればOKです。

IEのタイムアウト変更
なお、「KeepAliveTimeout」の値のデータを120000(2分)以上にする場合には、「KeepAliveTimeout」と同じ場所に新規で「ServerInfoTimeout」というDWORD値を作成し、値のデータに「KeepAliveTimeout」で設定した値と同じ値を入れる必要があります。
こちらもレジストリ編集後、Windowsを再起動させると有効になります。


スポンサードリンク


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












※ スパムコメント対策のため、現在「http」が含まれているコメントを拒否しています。
URLを書く場合は、"h"を抜いて書くなどして下さい。

申し訳ありませんが、いろいろ忙しくなってしまったので、
今後、質問などのコメントに対しての返信はほとんど出来ないと思います。
不明点が場合はGoogle等を利用して自力で解決して頂くか、諦めてください (´・ω・`)

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ub.blog85.fc2.com/tb.php/257-ead65ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索
RSS
Google +1 ボタン
リンク
人気記事ランキング
ブログパーツ
アクセスランキング
ブログパーツ
カウンター

カレンダー
«10 | 2017/11 | 12»
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--
テスト
track word track feed この日記のはてなブックマーク数