SSHクライアント「PuTTY」の日本語版をPortable(ポータブル)で使用する

2009.02.09 ( Mon )
PuTTY Portable
前回のFFFTPに続き、今回は、高機能なSSHクライアントであるPuTTYをポータブルで使用する方法のメモ。

PortableApps.comでPuTTY Portableが配布されていますが、こちらは日本語対応していないので、日本語に対応したPuTTYをポータブルで使用したいという場合は参考に

日本語版PuTTYをPortable(ポータブル)で使用する方法

1. PuTTY ごった煮版からPuTTY ごった煮版の「Zipアーカイブ」をダウンロードする。

2. ダウンロードしたファイルを解凍し、中にある「putty_sample.ini」のファイル名を「putty.ini」に変更する。

以上です。

上記設定を行うとINIファイルにPuTTYの設定が保存されるようになり、USBメモリ等にコピーすれば設定を持ち運んで使用出来ます。

文字コードの設定を「UTF-8」にする
PuTTY ごった煮版はデフォルトの文字コードは「ECU-JP」になっていますが、この設定で文字化けを起こす場合は参考に

1. PuTTYを起動後、ウインドウ左側にあるカテゴリ欄の「ウインドウ」→「変換」を選択

2.
PuTTY Portable setting
「文字コードの設定」で「UTF-8/Auto-Detect Japanese」を選択

3.
PuTTY Portable setting
ウインドウ左側にあるカテゴリ欄の「セッション」を選択し、「セッション一覧」に「Default Settings」と入力して「保存」ボタンを押す。

以上です。

ちなみにPuTTY ごった煮版は、UIを日本語化する際に英語のメッセージ等に対応する日本語がputty.lngに存在していれば変換するという方法をとっているので、「Default Settings」として保存したものが「標準の設定」として保存されます。


関連記事
FTPクライアント「FFFTP」をPortable(ポータブル)で使用する方法
SFTPクライアント「WinSCP」を日本語化してPortable(ポータブル)で使用する


スポンサードリンク


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












※ スパムコメント対策のため、現在「http」が含まれているコメントを拒否しています。
URLを書く場合は、"h"を抜いて書くなどして下さい。

申し訳ありませんが、いろいろ忙しくなってしまったので、
今後、質問などのコメントに対しての返信はほとんど出来ないと思います。
不明点が場合はGoogle等を利用して自力で解決して頂くか、諦めてください (´・ω・`)

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ub.blog85.fc2.com/tb.php/336-4056a36f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索
RSS
Google +1 ボタン
リンク
人気記事ランキング
ブログパーツ
アクセスランキング
ブログパーツ
カウンター

カレンダー
«09 | 2017/10 | 11»
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----
テスト
track word track feed この日記のはてなブックマーク数