秀丸エディタをPortable(ポータブル)で使用可能にする方法

2009.02.28 ( Sat )
秀丸エディタをポータブルで使用する方法
秀丸エディタをポータブル(USBメモリ等で持ち運べる)で使用可能にする方法のメモ。

秀丸メールには秀丸メール持ち出しキットがあり、これを利用すると持ち運び可能になりますが、秀丸エディタも秀丸メール持ち出しキットを使用することで持ち運び可能になります。

秀丸をポータブルで使用する方法

1. 「秀丸メール」を秀丸メールのページからダウンロードし、インストールする。 (秀丸メールがインストールされていないと秀丸メール持ち出しキットが起動しません。)

2.
秀丸メール持ち出しキット
秀丸メール持ち出しキット」を秀丸メール持ち出しキットのページからダウンロードし、インストール(実行)する。

3.
秀丸メール持ち出しキット
HmRegIni.dllとヘルプファイルの抽出だけする」にチェックを入れ「次へ」を選択。

4.
HmRegIni.dllの抽出
HmRegIni.dll」と「HmRegIni.chm」が指定したフォルダに作成されるので、これを「Hidemaru.exe」と同じフォルダ(デフォルトは"C:\Program Files\Hidemaru")にコピーすると、秀丸エディタは持ち出し対応になります。

USBメモリで起動したい場合は、秀丸エディタがインストールされたフォルダをそのままUSBメモリにコピーすればOKです。
秀丸メールは、「HmRegIni.dll」を抽出した後は、不要であればアンインストールしてかまいません。

なお、持ち運べるようにした秀丸エディタは、設定がうまく引き継げない?ようなので、一から設定し直す必要があります。

アイコンモジュール、マクロフォルダ、設定ファイルフォルダなどの設定は絶対パスのため、環境によってドライブレターが変わる場合、設定し直さなければなりません。(無理やり相対パス設定したところ、初回起動はうまくいきましたが、秀丸エディタのウインドウを2つ開いたりすると設定が無効になってしまいました。)


(追記)
秀丸エディタを簡単にポータブル化できる「秀丸エディタ持ち出しキット」が公開されました。
秀丸エディタをポータブル化するソフト「秀丸エディタ持ち出しキット」が公開


スポンサードリンク


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












※ スパムコメント対策のため、現在「http」が含まれているコメントを拒否しています。
URLを書く場合は、"h"を抜いて書くなどして下さい。

申し訳ありませんが、いろいろ忙しくなってしまったので、
今後、質問などのコメントに対しての返信はほとんど出来ないと思います。
不明点が場合はGoogle等を利用して自力で解決して頂くか、諦めてください (´・ω・`)

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ub.blog85.fc2.com/tb.php/338-4fdda114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索
RSS
Google +1 ボタン
リンク
人気記事ランキング
ブログパーツ
アクセスランキング
ブログパーツ
カウンター

カレンダー
«09 | 2017/10 | 11»
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----
テスト
track word track feed この日記のはてなブックマーク数