Googleが無料DNSサービス「Google Public DNS」発表

2009.12.04 ( Fri )
Google Public DNS
昨日「Google 日本語入力」を公開したGoogleですが、本日無料のDNSサービス「Google Public DNS」を発表しました。

詳細は以下
Google Public DNS

DNSとはドメイン名とIPアドレスを対応付けるもので、簡単に言えば電話帳のようなものです。
詳しく知りたい方は「Domain Name System - Wikipedia」を御覧下さい

Google Public DNSの使い方

1. 「コントロールパネル」→「ネットワーク接続」を開く。
(カテゴリ表示の場合は「ネットワークとインターネット接続」→「ネットワーク接続」)

2. インターネットの接続に使用している接続(ローカルエリア接続など)を右クリックして「プロパティ」を選択。

3.
Google Public DNS
「インターネットプロトコル(TCP/IP)」を選択し「プロパティ」を押す。

4.
Google Public DNS
「次のDNSサーバーのアドレスを使う」にチェックを入れ
・ 優先DNSサーバ 「8.8.8.8」
・ 代替DNSサーバ 「8.8.4.4」
とする。

以上です。

いくつかのサイトにpingを投げて調べてみると「Google Public DNS」の方が若干速いという結果でした。
ただ、体感的にはそれほど変わりません。

特に理由が無ければ、わざわざ「Google Public DNS」を使わずプロバイダのDNSでいいんじゃないかなと思います。


関連記事
思い通りの日本語入力ができる日本語入力ソフト「Google 日本語入力」
Internet ExplorerをChromeに改良するプラグイン「Google Chrome Frame」
Googleがオープンソースの軽量OS「Google Chrome OS」を提供へ
簡単にGoogleのDNSを設定できるツール「Google DNS Helper」


スポンサードリンク


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












※ スパムコメント対策のため、現在「http」が含まれているコメントを拒否しています。
URLを書く場合は、"h"を抜いて書くなどして下さい。

申し訳ありませんが、いろいろ忙しくなってしまったので、
今後、質問などのコメントに対しての返信はほとんど出来ないと思います。
不明点が場合はGoogle等を利用して自力で解決して頂くか、諦めてください (´・ω・`)

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ub.blog85.fc2.com/tb.php/398-4d76e2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索
RSS
Google +1 ボタン
リンク
人気記事ランキング
ブログパーツ
アクセスランキング
ブログパーツ
カウンター

カレンダー
«08 | 2017/09 | 10»
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
テスト
track word track feed この日記のはてなブックマーク数